中央競馬に賭ける俺~情熱が止まらない~

中央競馬予想ブログ JRA中央競馬を攻略 馬券生活

【第37回 根岸ステークス G3】今週もダート王に向けての戦い!

29日中京競馬場では3月末に行われる高松宮記念(G1)に向けてシルクロードステークス(G3 芝1200m ハンデ戦東京競馬場では2月19日(日)フェブラリーS(G1)に向けての戦いがそれぞれで開催されます。

今回はそのフェブラリーSに向けての戦い根岸Sを、データを用いて馬券で狙える馬を探していきたいと思います。(JRA-VAN NEXT 過去10年 参考)

〔人気別〕

過去10年1番人気が4勝2着3回、勝率40.0% 連対率、3着内率70.0%とまずまずの成績です。そのほかの勝ち馬6番人気以内が6勝で軸にするには人気サイドから入る方が無難になるでしょう。穴に関しては8番人気以下の6頭が2,3着に入っており人気薄の激走も視野に入れておく必要があります。

人気 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4 3 0 3 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 1 1 3 5 10.0% 20.0% 50.0%
3番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
4番人気 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1 0 2 7 10.0% 10.0% 30.0%
6,7番人気 2 1 0 17 5.0% 15.0% 15.0%
8,9番人気 0 1 1 18 0.0% 5.0% 10.0%
10番人気以下 0 1 3 63 0.0% 1.5% 6.0%

〔前走距離別〕

前走1600m、1800mの距離短縮組が目立っていい成績です。馬券の中心は前走武蔵野S組、チャンピオンズカップ組から入るのが理想になりますね。

今回該当のみ

前走距離 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1600m 4 1 1 12 22.2% 27.8% 33.3%
1400m 2 5 4 58 2.9% 10.1% 15.9%
1800m 2 2 4 12 10.0% 20.0% 40.0%
1200m 2 2 1 40 4.4% 8.9% 11.1%

〔前走からの間隔別〕

中10週以上の間隔を開けていた馬が4勝と最多、次いで中7週の2勝で、連対率25.0%3着内率50.0%と最も好走例が高いです。

今回該当のみ

前走間隔 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
中10週以上 4 2 1 21 14.3% 21.4% 25.0%
中7週 2 3 5 10 10.0% 25.0% 50.0%
中4週 2 3 1 24 6.7% 16.7% 20.0%
中6週 2 1 1 18 9.1% 13.6% 18.2%
中9週 0 1 0 5 0.0% 16.7% 16.7%
中2週 0 0 1 13 0.0% 0.0% 7.1%
中5週 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%

〔世代別〕

5歳馬が4勝、6歳馬が3勝、しかし勝率、連対率、3着内率ともにトップは4歳馬。出走数に割に好走しているのが4歳馬ということがわかる。ただし過去10年中7年で(9頭)7歳以上の馬たちが好走していることから、どの世代からでも馬券は狙えます。

世代 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
4歳 2 2 0 9 15.4% 30.8% 30.8%
5歳 4 2 2 21 13.8% 20.7% 27.6%
6歳 3 3 3 31 7.5% 15.0% 22.5%
7歳 1 1 1 35 2.6% 5.3% 7.9%
8歳以上 0 2 4 31 0.0% 5.4% 16.2%

〔枠番別〕

スタートして3コーナーまでの距離が約440mあることから枠順の有利不利は少ない。しかしこのレースに限っては外枠よりも内枠の好走が目立ちます。毎年3枠4枠が良く絡んでいます。

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1枠 0 2 3 14 0.0% 10.5% 26.3%
2枠 2 0 0 17 10.5% 10.5% 10.5%
3枠 2 3 1 14 10.0% 25.0% 30.0%
4枠 1 2 3 14 5.0% 15.0% 30.0%
5枠 0 2 0 18 0.0% 10.0% 10.0%
6枠 3 0 0 17 15.0% 15.0% 15.0%
7枠 0 1 3 16 0.0% 5.0% 20.0%
8枠 2 0 0 17 10.5% 10.5% 10.5%

〔第37回 根岸S〕最終決断

 
最強競馬ブログランキングへ

(最強競馬ブログランキング紹介文に掲載中 60位 辺り)

〇 ⑬ レモンポップ
東京ダート6勝2着1回この距離も5勝と、とにかく相性がいい。脚質的に前に行く分目標にされることから足元をすくわれる可能性も。

▲ ⑥ ギルデットミラー
ダート転向後3戦2勝、武蔵野Sでもレモンポップを差し切っている。しかしダート1400m初がどう出るか。

△ ⑩ タガノビューティー

昨年の3着馬、東京コース実績も申し分ない。

△ ⑤ アドマイヤルプス
ヘニーヒューズ産駒はここで良く走る。自身も得意コースで得意な距離。

 

Twitter】フォローいいねをしてくれたら嬉しいです。

 

【馬券術】回収率UPで競馬が楽しくなるコツ

 

【レジまぐ競馬】毎週好評配信中

 

アフィリエイター募集中!

【第40回 東海ステークス GⅡ】砂の王者に向けての戦い!

22日中京競馬場では東海ステークス(G2 ダート1800m)中山競馬場ではAJCC(G2 芝2200m)が開催されます。

2月に行われるフェブラリーS(G1)のステップレースとして’13年から1月開催に移設されたこのレースを、今回も各種データを用いて馬券で狙える馬を探していきたいと思います。(JRA-VAN NEXT 過去10年参考 ’20年京都開催含む)

〔人気別〕

過去10年、1、2番人気のいずれかが必ず絡んでおり上位人気の信頼度は高い。その一方で7番人気以下の馬たちも非常によく馬券内に絡んでいます。しかし勝ち馬に限っては4番人気以内が9勝と、軸として考えるならやはり上位人気に成るでしょうか。

人気 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5 1 3 1 50.0% 60.0% 90.0%
2番人気 2 2 0 6 20.0% 40.0% 40.0%
3番人気 0 2 2 6 0.0% 20.0% 40.0%
4番人気 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
6,7番人気 1 1 1 17 5.0% 10.0% 15.0%
8,9番人気 0 2 1 17 0.0% 10.0% 15.0%
10番人気以下 0 2 2 56 0.0% 3.3% 6.7%

〔前走距離別〕

前走ダート1800mがダントツに出走数も多く勝ち馬も6勝と最多になります。12月開催のチャンピオンズカップ(G1)からの参戦が(2-3-4-11)3着内率45.0%と非常に高く、それ以外からでも前走ダート1800mの参戦馬は良く絡むので注視が必要でしょう。

今回該当のみ

前走距離 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1800m 6 9 8 62 7.1% 17.6% 27.1%
2000m 3 1 2 33 7.7% 10.3% 15.4%
2100m 1 0 0 16 5.9% 5.9% 5.9%
1700m 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%
1200m 0 0 0 0 0.0% 0.0% 0.0%

〔前走からの間隔別〕

先程も述べましたが、チャンピオンズカップから(中6週)の参戦が馬券内に多く好走していることがわかります。今回も侮れませんので注視が必要でしょう。他では間隔が開いていない方が好走傾向ですね。

今回該当のみ

前走間隔 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
中6週 3 2 4 13 13.6% 22.7% 40.9%
中3週 3 2 2 18 12.0% 20.0% 28.0%
中10週以上 1 2 1 17 4.8% 14.3% 19.0%
中5週 0 1 0 12 0.0% 7.7% 7.7%
中8週 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
中1週 0 0 0 21 0.0% 0.0% 0.0%

〔世代別〕

世代別では5歳馬が良く好走しています。昨年こそ7歳→6歳→6歳という決着でしたが、その前年までは9年連続で5歳馬が絡んでいます。今年も5歳馬には警戒が必要でしょう。

世代 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
4歳 1 1 2 13 5.9% 11.8% 23.5%
5歳 6 3 3 23 17.1% 25.7% 34.3%
6歳 1 1 5 39 2.2% 4.3% 15.2%
7歳 2 4 0 27 6.1% 18.2% 18.2%
8歳以上 0 1 0 18 0.0% 5.3% 5.3%

〔枠番別〕

このレースに限っては内枠の好走例が低い。内枠が不利というコースではないので完全無視はできない。人気薄のノーマークが内枠に入ればチャンスと覚えておいた方が良いでしょう。

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1枠 0 0 0 16 0.0% 0.0% 0.0%
2枠 0 1 2 14 0.0% 5.9% 17.6%
3枠 1 2 2 13 5.6% 16.7% 27.8%
4枠 5 0 1 13 26.3% 26.3% 31.6%
5枠 1 1 1 17 5.0% 10.0% 15.0%
6枠 1 2 0 17 5.0% 15.0% 15.0%
7枠 1 2 3 14 5.0% 15.0% 30.0%
8枠 1 2 1 16 5.0% 15.0% 20.0%

東海ステークス 最終決断〕

 
最強競馬ブログランキングへ

(最強競馬ブログランキング紹介文に掲載中 60位 辺り)

〇 ② オーヴェルニュ
一昨年1着、昨年2着とこの時期の中京コースは相性がいい。ローテーションも好印象です。

▲ ④ ハギノアレグリア
屈腱炎から完全復調の気配。しかし目標はあくまでも次走G1なのでは。

 

Twitter】フォローいいねをしてくれたら嬉しいです。

 

【馬券術】回収率UPで競馬が楽しくなるコツ

 

【レジまぐ競馬】毎週好評配信中

 

 

 アフィリエイター募集中!

【第63回】京成杯 G3 意外とここから飛躍する馬が多数!

15日中山競馬場で3歳重賞、京成杯(G3 芝2000m)が行われます。皐月賞と同じコースで行われる3歳最初の重賞。’17年暮れからホープフルSのG1昇格により出走馬の低下傾向にあります。

注目したいのはセブンマジシャン新馬戦好位追走から2 1/2馬身差で快勝、続く2戦目も重馬場を難なくこなして2連勝。前走ホープフルS(G1)3番人気の支持を受けましたが6着と苦杯をなめた。しかしスローペースだったにも関わらず中団に控えたのが誤算で、内容的には悪くない。ルメール騎手騎乗で変わり身が期待できる。

同じくホープフルS9着に敗れたシーウィザード。新潟2歳S(G3)で先日行われたフェアリーS(G3)快勝のキタウイングにコンマ0.1秒差の3着。同舞台の芙蓉S(2歳OP)でも上がり最速で勝利を収めています。今回も好位から競馬が出来れば見せ場はあるでしょう。

2戦2勝のシャンパンカラー。2戦とも東京マイル戦で上がり3Fを33秒台で走り抜けています。今回距離延長で初の中山コース、気は良さそうなのでこなせる能力はあると見受けられます。

大物感が漂うソールオリエンス新馬戦の走りのレース上がり3Fタイムが11.5-11.0-11.0と素晴らしいタイムの中での快勝。自身も33秒3で駆け抜けています。1戦1勝ながら人気を集めるほど注目されている。

今回も各種データを用いて馬券で狙える馬を探していきたいと思います。
JRA-VAN NEXT 過去10年 参考)

〔人気別〕

過去10年1,2番人気がともに馬券外に散ったのが2回だけで、基本的には人気サイドから入るのが理想になるでしょうか。今回9頭立てでもデータ的に5~7番人気を狙うのがいいかも知れませんね。

人気 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3 3 0 4 30.0% 60.0% 60.0%
2番人気 0 3 1 6 0.0% 30.0% 40.0%
3番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
4番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 2 2 0 6 20.0% 40.0% 40.0%
6,7番人気 3 2 5 10 15.0% 25.0% 50.0%
8,9番人気 0 0 2 18 0.0% 0.0% 5.0%
10番人気以下 0 0 0 52 0.0% 0.0% 0.0%

〔前走距離別〕

前走、今回と同じ2000mを走って来た馬の出走数が多く、好走してきた馬も最も多い。狙いはやはり前走2000mになりますか。

今回該当のみ

前走距離 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
2000m 6 9 8 62 7.1% 17.6% 27.1%
1800m 3 1 2 33 7.7% 10.3% 15.4%
1600m 1 0 0 16 5.9% 5.9% 5.9%

〔前走からの間隔別〕

前走からの間隔で最も好走しているのが中2週、ということがわかります。ここから狙うのもありますね。

今回該当のみ

前走間隔 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
中2週 2 2 3 15 9.1% 18.2% 31.8%
中6週 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
中3週 0 1 2 21 0.0% 4.2% 12.5%
中8週 0 0 1 5 0.0% 0.0% 16.7%
中7週 0 0 0 15 0.0% 0.0% 0.0%
連闘 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%

〔枠番別〕

中山2000mは最初のコーナーまで約400mあり、尚且つ急坂を超えるためペースが落ち着きやすく、意外と内外の有利不利が出にくい。全体的に見てもどこからでも馬券内に入り込んでいます。

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1枠 1 1 2 9 7.7% 15,4% 30.8%
2枠 0 1 2 13 0.0% 6.3% 18.8%
3枠 2 1 1 12 12.5% 18.8% 25.0%
4枠 0 1 1 14 0.0% 6.3% 12.5%
5枠 3 1 1 15 15.0% 20.0% 25.0%
6枠 2 1 3 14 10.0% 15.0% 30.0%
7枠 0 0 0 20 0.0% 0.0% 0.0%
8枠 2 4 0 15 9.5% 28.6% 28.6%

〔第63回 京成杯 G3〕最終決断

 
最強競馬ブログランキングへ

(最強競馬ブログランキング紹介文に掲載中 62位 辺り)

〇 ② シーウィザード
叩き2走目の今回上澄みが見込める。血統的には地味ですが、クラシックでも好走出来そうな配合。

▲ ④ ソールオリエンス
半兄に海外競馬でも活躍したヴァンドギャルド(父ディープインパクト)の下にあたる。前走新馬戦で負かした相手もレベルは高く、ここのレベルでも勝ち負けできる能力はありそうだ。

 

Twitter】フォローいいねをしてくれたら嬉しいです。

 

【馬券術】回収率UPで競馬が楽しくなるコツ

 

【レジまぐ競馬】毎週好評配信中

 

 

アフィリエイター募集中!

【フェアリーS】過去10年・関東馬が全勝!

9日、3日間開催最終日の中山競馬場で3歳牝馬の重賞、フェアリーステークス(G3 芝1600m)が行われます。競馬場こそ違いますが桜花賞(G1)との結びつきが少なからずあり、例年クラシックを目指す牝馬が集まります。

唯一の重賞勝ち馬キタウイング(新潟2歳S G3)が実績面では若干のリード。前走3か月ぶりのレース阪神JF(G1)では8番人気14着と大敗、未勝利戦を勝った時の杉原誠騎手に戻り勝利を掴めるか。

キタサンブラック産駒のヒップホップソウル新馬戦1番人気で4馬身差の快勝。前走クビ差2着に苦杯しましたがスピード能力は高そうだ。

デビューから2連勝中のメイクアスナッチ、1200m⇒1400mと距離を伸ばして今回マイルの距離がカギになるでしょうか。

エナジーチャイムもデビュー戦マイルを逃げ切って勝利、2戦目の前走・京王杯2歳S(G2)スタートでダッシュがつかず後方からの競馬になり8着となりましたが、メンバー中最速の上がり(33.3秒)を記録している。スタート五分なら巻き返し必至。

その京王杯2歳S3着のスピードオブライト、ここでもスピード能力は高そうですが、この馬も初のマイル戦で距離がカギになるでしょう。

他にも、阪神JF5着のミシシッピテソーロアルテミスS(G3)6着のディナトセレーネなども上位に食い込む余地はある。

今回フェアリーSを過去10年のデータを用いて馬券で狙える馬を探していきたいと思います。(JRA-VAN NEXT 参考)

〔人気別〕

過去10年、波乱傾向で人気上位同士(1~3番人気)の決着は1度も無し。しかし必ず人気上位の1頭は3着以内に入っています。10番人気以下からも3勝2着2回と好走歴もあり、人気別からはどこからでも馬券内に食い込む可能性はある。

人気 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
2番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
3番人気 4 0 1 5 40.0% 40.0% 50.0%
4番人気 0 1 1 8 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 40.0%
6,7番人気 0 2 5 13 0.0% 10.0% 35.0%
8,9番人気 0 2 0 18 0.0% 5.0% 5.0%
10番人気以下 3 2 0 65 4.3% 7.1% 7.1%

〔前走距離別〕

今回と同距離の1600mを走ってきていた馬が8勝とダントツの成績。2着6回、3着6回と前走距離別では1600mを重視して馬券検討したい。

前走距離 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1600m 8 6 6 70 8.9% 15.6% 22.2%
2000m 1 2 0 1 25.0% 75.0% 75.0%
1400m 1 0 2 31 2.9% 2.9% 8.8%
1800m 0 1 1 15 0.0% 5.9% 11.8%
1200m 0 1 0 13 0.0% 7.1% 7.1%

〔前走間隔別〕

前走からレース間隔が開いている方が好走傾向。最もいいのが中6週で3勝2着2回3着3回。次いでいいのが中10週以上の馬たちで2勝3着内率30.0%。中9週、中5週と続きます。

前走間隔 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
中6週 3 2 3 14 13.6% 22.7% 36.4%
中10週以上 2 1 3 14 10.0% 15.0% 30.0%
中9週 2 1 0 14 11.8% 17.6% 17.6%
中5週 1 1 1 4 14.3% 28.6% 42.9%
中3週 1 1 1 24 3.7% 7.4% 11.1%
中4週 0 2 1 17 0.0% 10.0% 15.0%
中7週 0 1 1 11 0.0% 7.7% 15.4%
中8週 0 1 0 7 0.0% 12.5% 12.5%

〔所属別〕

所属 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
関東 10 8 9 104 7.6% 13.7% 20.6%
関西 0 2 1 26 0.0% 6.9% 10.3%

〔枠番別〕

スタートして間もなく2コーナーに入るため、外枠には不利な中山芝1600mコース。過去10年でも勝ち馬は4枠より内枠が7勝を挙げている。3着内率でも(1枠~4枠)23.8%に対して(5枠~8枠)13.8%と差が出ています。

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 3着内率
1枠 2 0 3 15 10.0% 10.0% 25.0%
2枠 1 3 1 15 5.0% 20.0% 25.0%
3枠 1 0 2 17 5.0% 5.0% 15.0%
4枠 3 2 1 14 15.0% 25.0% 30.0%
5枠 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
6枠 0 1 0 19 0.0% 5.0% 5.0%
7枠 1 0 3 16 5.0% 5.0% 20.0%
8枠 1 3 0 16 5.0% 20.0% 20.0%

 

フェアリーS】最終決断

◎ 
最強競馬ブログランキングへ

(最強競馬ブログランキング紹介文に掲載中 67位辺り)

〇 ⑦ ディナトセレーネ
中山芝1600m勝ちもあり枠もいい所に入った。

▲ ⑤ ヒップホップソウル
新馬戦が圧巻の走り、稍重でタイムが平凡もいい走りでした。

 

Twitter】フォローいいねをしてくれたら嬉しいです。

 

【馬券術】回収率UPで競馬が楽しくなるコツ

 

【レジまぐ競馬】毎週好評配信中

 

 

アフィリエイター募集中!

3歳戦屈指の出世レース【シンザン記念】今年は!?

8日、中京競馬場で今年最初の3歳重賞シンザン記念(G3 芝1600m)が行われます。勝ち馬は過去を振り返ってもそうそうたる顔ぶれだ。3歳戦屈指の出世レースと言えるでしょう。

今年も有力候補が揃っています。注目したいのはディープインパクト産駒最後の世代となるライトクオンタム。D・インパクト産駒らしい小柄な牝馬なのですが、初戦のレースぶりはスピード感溢れる走りを披露。スローの中ハナを奪って後続に0.4秒差をつける快勝の逃げ切り勝ち。今回乗り替わって武豊騎手、牡馬相手にどのような競馬をするのか楽しみです。

トーホウガレオン、初勝利まで4戦を要したがデビューからずっと福永騎手が手綱を取っているのが魅力的。スタートセンスの良さからここでは差はないと見る。

クファシル、半姉アンドヴァラナウトは重賞勝ち馬、祖母は名牝エアグルーヴという良血馬。初戦スタート良く飛び出しそのまま先頭で押し切って逃げ切り勝ち。勝ちタイムは平凡ですが大きな上積みはありそう。

ペースセッティング、小倉未勝利戦を勝った後、重賞京王杯2歳S(G2)に出走して僅差の4着。なかなか勝ち切れていないが今回距離延長で新味がでるか期待したい。

今年は寂しく映る7頭立てですが中身の濃いレースを見せてほしいですね。

【第57回 シンザン記念】最終決断

◎ ② ライトクオンタム
今回武豊騎手がどの位置から競馬をするのか楽しみな一戦。

最終買い目はこちらから
↓ ↓ ↓

Twitter】フォローいいねをしてくれたら嬉しいです。

 

【馬券術】回収率UPで競馬が楽しくなるコツ

 

【レジまぐ競馬】毎週好評配信中

 

アフィリエイター募集中! 

競馬予想のレジまぐ